お金を工面

コインとお札

急に、お金を工面しなければならない事情が出来た。ちょっとした金額だ。「ちょっとした」といっても、ほんとにちょっとであるわけではない。100円玉や500円玉で解決できるような金額ではない。
そんなとき、人はどうすればいいのだろう?
自分の力で工面することが出来るのであれば、それをするに越したことはない。口座からお金を下ろすなり、タンスの裏に隠したへそくりの封筒を取り出すなり、何とかすればいい。
しかし、そうはいかないという場合もある。例えば、銀行口座にほとんどお金が残っていない場合はどうする?ここ最近、出費がかさんでもう余裕がない、という場合には?
自分の力では工面することが出来ないとき、人はどうすればいいのだろう?

■「借りる」という方法
自分で用意することが出来ないなら、人に借りるしかない。誰かのお金を、そのときだけ自分のお金として使うしかない。その人に了解を取り、出してもらって、あとから返済する。
例えば、銀行や消費者金融といったところに用意してもらうという手もある。銀行や消費者金融のお金を、そのときだけ自分のお金として使うのだ。それらの金融機関に申し込みをして、申し込みを受け付けてもらって、お金を出してもらう。
もちろん、あとから返済することになる。引き出して、使って、返す。この三段階で利用するのだ。
銀行を利用するのがカードローン。消費者金融を利用するのがキャッシング。そういうふうに呼ばれている。

■カードローンとキャッシング
銀行や消費者金融にお金を貸してもらうこと。そうやって、お金を工面することが出来る。パッと借りてパッと使い、パッと返せば利子も少なくて便利だ。
給料日前でちょうど自由に出来るお金がないというとき、チラッと借りて使って、給料日の翌日にサッと返す。そんな使い方をすることが出来る。
カードローンもキャッシングも、銀行や消費者金融によって使い道が限定されるということがない。どんな使い道であれ、好きに使うことが可能だ。
(もちろん、買ってはいけない物を買うために使ったりしてはいけないけれど。それは、誰のお金であっても同じことだ)
とはいえ、「カードローン」と「キャッシング」とそれぞれ別のネーミングがなされていることからも分かるように、この2つの間には違いがある。お金を工面しようと思ったときには、そのことも理解した上でどちらかを利用しよう。

オススメリンク

とんとんなら低い金利で借りることができます!;東和銀行

申し込みについて

カードローンは銀行で。キャッシングは消費者金融で。それぞれの金融機関に申し込みをして、審査を受け、利用可能となる。
その申し込みが、最近ではネットで簡単にすることが出来るようになっているという話題である。インターネット上にある、銀行や消費者金融のサイトから、申し込みをすることが出来るの…Read more

返済について

借りたお金は返さなければならない。これは、当然の話だ。お金がきちんと回ってこそ、健全な社会であると言える。今は、お金が一番偉い時代。それが中心となる時代だ。
資本主義を認め、その恩恵を受けているからには、きちんと義務は果たさなければならない。お金をきちんと扱うこと。この原則を守ることが…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728